上戸

zyouto_018



「上戸」と書いて「うえと」と何の疑いも持たずに読んでしまうのが大体1億3000万人中1億2999万9840人くらいだとして、俺はその160人の方だ。



ちなみに「じょうと」と読む。

上戸

箕浦駅(香川)

  • 店名:上戸
  • 住所:香川県観音寺市豊浜町箕浦974-1
  • 電話:-
  • 営業時間:8時~麺切れ終了
  • 定休日:日曜日
  • URL:http://joutoudon.web.fc2.com/
以前はもう少し西、ギリギリ香川の「道の駅とよはま」の中に店を構えていて、100m西は愛媛県と言うもう文句の付けようが無い「讃岐最西端のうどん屋」だったんだけどそこからちょっと東に移転したため最西端は謳えなくなったんだよね。ちなみにその最西端の店舗あとには鳥越うどんが入った。香川では新しく店が出来る・入る場合8割の確率でうどん屋、次がコンビニだ。コンビニが潰れてうどん屋になるなんて日常茶飯事だぞ。で、ちょっと東に移転したため現在の称号は



「讃岐最西端駅饂飩」

そう、ここは駅なのだ。まだピンときてない人の為にしつこく説明すると、駅の敷地の上に店を建てている。が、その駅が



貨物コンテナいっこぶんwwwwwwうどん屋よりショボいwwwwww

ということで箕浦駅は実質上戸の為の駅となりましたとさ。めでたしめでたし。ナビで探す時もJR四国・予讃線の箕浦駅を選択すれば間違いない。駅から5秒でうどんが食える、ダッシュすりゃ2秒だ。

がもうでも話したようにさぬきうどんにロケーションというのはしばしば大きなトッピングとなるわけだ。上戸もうどんに加えてそのロケーションで足繁く通う店。その魅惑のロケーションが



燧灘。

瀬戸内の海と空をおかずにうどんを食う。こんな贅沢はここでしか出来ない。いやマジでここまで海に面したうどん屋は間違いなくここしか無い。いつもがもうで一番釜をいただいて、その足でここへ来る。時間にして小一時間で丁度腹もこなれるところで上戸のガツンとした漢麺をこのどこまでも広がる青の中すするわけだ。うまいぞぉ?

実際、店の外で食べる人も(俺以外にも)いるらしいし、大将に一言言えばいいんじゃないかな?道路渡って堤防に腰掛けたりとか気持ちいいよ!!



幹線道路だから自動車に気をつけてね!トラックとかの車通りが多いし、上戸に食べに来て路肩にトレーラー停めてある時もあるから、左右確認はしっかり!



天気が悪い時は店の中から海を眺めつつ。オーシャンビューだぜ!

ところで、上戸と言えばまずイメージするのがどこまでも漢らしい



剛の麺。硬いんじゃないんだ。これこそがコシだ!語感で言うなら「兀突骨!!」って感じ。なんとなく通じればいいや。とにかくその漢麺がまず取り沙汰されるよね。まぁ大将自身がもう剛の者!って感じだしねー。でもだしもちゃんと味わって欲しいな。かけだし、いりこがしっかり効いてておいしいんだぜ?とは言いつつも俺は



夏場に食うぶっかけが一番好きなんだけどな!!この無骨で荒々しい麺にぶっかけだしが絶妙なんだよ!あちーなんも食う気ねーよーとか言っててもこいつだけはずるずると喉を通る。青い空、青い海、そして上戸のぶっかけ(大)!瀬戸内を代表するメニューだと俺は断言する!!

あ、ちなみに前の店は「上戸うどん」だけど、今の店は「上戸」だからそこんとこよろしく。

[amazon_carousel widget_type=”SearchAndAdd” width=”600″ height=”200″ title=”” market_place=”JP” shuffle_products=”True” show_border=”False” keywords=”讃岐うどん” browse_node=”” search_index=”All” /]

 

One Response

コメントを残す