廃集落2010xxxx



ケータイ用フォトアルバムURL:http://photozou.jp/photo/list/166715/3291264

昨年の初春くらいですかね。行ってきました。



地元では数少ない場所です。廃墟や廃集落、遺構などが出来る前提として、一過性の隆盛が必須となります。軍艦島などがその最たる例ですね、他にも高度成長期やバブル期のテーマパークにラブホテルなんかもそうです。

そういった条件をふまえると、この界隈はそういう一瞬で燃え尽きたような集落がなかなか無いため自ずと数は限られてきます。とは言え、緩やかに死に向かっている雰囲気はどの地域も変わりませんが。

一度下見をして、更にもう一度訪問という流れです。最初の訪問の際、この集落に最後まで残っていた方に会い、お話を聞くことができました。内容は割愛しますが、やはり中の人の生の声というのは重いですね。当時の風景や生活の様子を物凄くリアルに感じることができました。

廃車が好きぃぃぃっ!!



一時期、廃車を探しにあちこち走り回っていた時期がありました。当時はGPSを併用し、どこに何が落ちてたかの廃車マップみたいなのを作ったりしていました。ここにも古いアルトが打ち捨ててあり、なかなかの廃れっぷりでした。窓ガラスは勝手に割れるんだろうか?寒暖の差とかで。

まだ人が住んでそう



最後の住人が住んでいた家。地元の消防団のホース置き場が横にありました。ネットが来てたとしてもここはちょっと寂しいし厳しいなぁw

実弾



庭に落ちていたターゲット。猪とか狩ってたのかなぁ。てかここは狩猟解禁区なんかな?w的の紙は1枚しかもらえないのかな、まぁ使い捨てでバンバン撃つことも無いんだろうけども。

ミカンは本物



「ちょくちょく来てるんだよ」というお話通り、神社や道祖神は手入れされてお供え物もちゃんと新しかった。とは言っても当時学生だったのが今は白髪のおっちゃんになっていたわけで、いつの日かお供えをする人もいなくなるんだろうな、と勝手にメランコリックな気持ちになってみたり。

学舎



ほぼ唯一残っている建物。学校だったらしい。教科書などが一部散乱していた。

テラさん



あとマンガもw

あと以前小さいサイズで作ったのでアルバムに入れて無いけどHDRIで作った画像もあるのでついでに。

地味にHDRIです



これまたHDRI



個人的にはいかにもなHDRI(勝手に「ゴッサムエフェクト」と呼んでますが)なのはなんか違うと思うんですよね。人間の目のダイナミックレンジを再現しようとしてるなら、あんな分かりやすい色合いになるのは単なる色調補正なんじゃないかな、と。気づかないくらい自然で、良く考えてみたら「この条件て、普通無理じゃね?」って気づくくらいがHDRIの真意なんじゃねーかな…?

[amazon_carousel widget_type=”SearchAndAdd” width=”600″ height=”200″ title=”” market_place=”JP” shuffle_products=”True” show_border=”False” keywords=”廃墟” browse_node=”” search_index=”All” /]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください