いごかつ!20110211(Live-session)



ケータイ用フォトアルバムURL:http://photozou.jp/photo/list/166715/3666247

valentine driveはジャズバーなので当然ジャズを楽しむのが本分。

この日も、生演奏をバックに囲碁を打つことになっていて、夕方くらいに二人のプレイヤーが登場。



テナーサックス:具志 亮

ピアノ:平光広太郎

前回顔見せで会っていたこともあったのと、その時何枚か撮った分をiPadで見てもらったりしたので心の壁は割と早い段階で無くなるw



二人でなにやらミーティング。何を演ろうかとか、色々最終調整。前回は後ろの方でソファにかけたまま撮ったので構図が似たり寄ったりだったけど、今回はあちこち動きまわるので色んなポジションを試すことが出来そう…とは言ってもピアノは壁に向かって置いてあるのでどうしても平光くんの顔は影に入る。ただでさえ照明がおぼつかないのにさらに真っ暗。実際具志くん(照明真下)と比べて倍近い時間露光するハメになった。でもって、サックスよりピアノの方が動くんだよねw管楽器は息を吹いてる間は微動だにしないんだけど、ピアノは結構リズム取ったりペダル操作で前後に揺れたりするから、タイミングが凄く難しかった!いや撮ったけどね!











異質に見えてなんか合ってる空気。

囲碁はもちろん、ジャズだってわかんない俺なので、セットリストはイパネマの娘とTake5とA列車くらいしか覚えてません!4,5曲やって一旦休憩、で、もう一度といった感じで2ステージの演奏でした。その都度撮った分はその場でiPadに転送して確認してもらうという、持っててよかったiPad。ありがとうiPadな使い方で大変喜んでもらえました。iPad(とCCK)買ったのはこれがやりたかっただけだからねーwCF側はRAWで、SD側はjpgでiPad用に。持っててよかったデュアルスロット!

この日は、当然一脚を使ってたんだけど、後半だんだんと構図に動きをつけたくって、結局フリーハンドで撮影。やっぱ楽だわ~、シャッタスピードが13とか8(分の1秒)とか怖いことになってるけど、そこは小賢しいテクと気力でカバー!



フリーハンドな上にノーファインダー。流石に奏者の目の前で寝転ぶワケにはいかんでしょw



暗い室内で200mmを振り回す男。白いバズーカがぶんぶんと唸る!

なんでもそうなんだけど、相手のやってる事に詳しくないと撮影のタイミングとかを先読み出来ないからつらいよね。知ってる曲だと、この後どういう展開なのかとか、あそこで盛り上がるからそこは狙おうとか思うし、残り時間だって把握できる。もっともっと精進しないといけませんね!

[amazon_carousel widget_type=”SearchAndAdd” width=”600″ height=”200″ title=”” market_place=”JP” shuffle_products=”True” show_border=”False” keywords=”jazz” browse_node=”” search_index=”All” /]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください