うどんバカ一代

 

さっきさ、なかにしのエントリを嬉々として書いたわけですよ。よーしオレ流うどんツアーガイド始めちゃうぞー!てな意気込みで。確かに、なかにしの写真を書き出す時に「編集済み」になってたのは気にはなってたのよ。でも俺の記憶の中では過去になかにしのことは絶対に書いてない、確認するまでも無いと信じて疑わなかったのね。そしたら公開してものの数分で「これ前見たことある」とか言われてんの。それでも「そんなバカなwww今書いたばっかやでwwwww」と突っぱねてんの。で、渋々確認したら…ありやがんの。もうね、恥ずかしくてかっこ悪くてマジでorzこんなんですわ。

このまま眠れるワケないのでもう一本うどん屋ブログ書きます。

 

早朝、というか深夜営業に近いうどん屋は香川中を探せば確かにある。「香川県は、24時間、どこかで必ずうどんが食える」という持論があるし、多分それは正解だろう。深夜3時過ぎでも、多分フェリー通りか西讃あたりの製麺所が営業してそうだ。だからなかにしの前に、もしかしたらもう一店入れることも可能かも知れない。スケジュールに余裕がある人は探し出してみて欲しい。

なかにしを出ると、次は「6時の店」だ。ここからはもうよりどりみどりのうつみ宮土理ってなもんで、店の選択肢はかなり余裕が出てくる。そこで俺が向かう「6時の店 その1」がここ

baka1_001

『手打十段うどんバカ一代』

http://www.udonbakaichidai.co.jp/


通称「バカイチ」。名前のインパクトで奇をてらっただけの店かと思いきや。確かにうまい。年中無休で朝6時から営業中。場所もなかにしからそう遠くないので迅速に行動すればバカイチ開店前に並ぶことも可能。

baka1_002

駐車場は裏手と言うか横に回り込んだとこ。市内なので大駐車場とはいかない、遠征客はさっと食ってさっと出て回転率向上に協力しよう。

baka1_004

決してうどん一杯で空手バカ一代を読破するようなことはしないように。

baka1_003

昆布は無料だけどおにぎりは売りもんだぞ。

baka1_005

シンプルにかけ。バカイチと言えば「釜バターうどん」を思い浮かべる人も多いだろうが、それはそれ、これはこれってことで。釜バターもうめーから、何度も通って色々確かめてみるといい。

「6時の店」はまだまだあるので、選択肢の幅を広げる意味でもう少し紹介しちゃうぞ。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください