蒲郡競艇::マクールカップ(三日目)



All photos: http://photozou.jp/photo/list/166715/6807095

カテゴリがイベント・撮り歩きってのはどーなのよ?とも思うんだけどまぁ新規カテゴリ作るのもどうだろうとという中途半端なポジション。

色々事情というか流れがありまして、ここへ来ました。

競艇場なんぞ数十年ぶりくらい。そもそもあの頃行ってたのは常滑なのか浜松なのかそんな記憶もありません。モーターボートはやーい!以上。



蒲郡競艇場は現在、大きな改修工事中。大時計から半分(1マーク側)には行けないし、2マークから北側も入れない。

持ってきたレンズもそんなに超望遠ではないので必然的に2マーク前に陣取ることになる訳です。でも、ポジション的にはここがベストだから何の問題もなし。逆に西側の改修が終わってみんなそっち行ってね、こっち立入禁止にすっから、ってなった時が困るなぁ。どうしよう。ま、そん時考えよう。

この日は、一般戦のマクールカップ三日目。競艇の仕組みはモンキーターンで学んだ程度なのでもちろん選手は知らない。でもやっぱりファインダー越しになんか感じるものはあったよ。

とりあえず練習としてばしばし撮った。













レーサーとすんげぇ目が合う。気になるのかな、やっぱ。

もちろん、フラッシュなんて焚かないし、レンズフードを装着…つーか太陽を背にして撮ってるからレンズの反射が眩しいってことも無いだろうし、あったらあったで苦情くるよね。やっぱ単純に「なんだよ俺撮ってんの?ファンかよまいったなー」てことなのかな?



バナーに使えそうw



バックストレートは遠いしネームプレート無いからあんま撮らないね。でも広角を使った構図ももう少し考えてみようっと。

さて、蒲郡競艇と言えばやっぱりウリは「ナイター」だよね!この季節、日没は19時過ぎなので日没後のレースはラスト2レースくらいしか無いんだけど、やっぱり蒲郡に来たならナイター撮らないと。

え?夜なのに撮れるの?まさかフラッシュ?いえいえ、そもそも俺はフラッシュは滅多に使わないですから。ノーフラッシュでボートレースなんて撮れるのか?



撮れるんですねぇ、これが。





理屈と技術がしっかりしてれば、大体のモンは撮れます。撮れない時の判断もすぐにできるから、次のプランにすぐ進めます。



ワンポ…スリーポイントカラー。ナイターだと、ターンの時の水飛沫が一層映えてレースの興奮をグレードアップさせるよね。収益アップと話題性のためにナイター始めたのかも知れないけど、写真的にもごちそうさまと言わざるをえない。





ほら、絵になるでしょ~!光と影のコントラスト。



ターンを狙って撮ってるけど、なかなかいい構図ってのは難しいんだよね。団子過ぎてもダメ、一人旅でもつまんない。適度な混戦がいいんだけどなー。レーサー当人にとっちゃ知ったこっちゃないんだろうけどw



あ、間違いなくカメラ意識しとるわ。うん。

よし、だいたいわかった。最終日も来よう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください