春の明治村



All photos: http://photozou.jp/photo/list/166715/6281298

愛知県民なら知らぬ者は居ない、それが明治村。

行けば行くほど楽しい村、それが明治村。



一時期、もんの凄い頻度で通ってた時期があった。それこそ週に何度もって時もあったくらい。

デジタル一眼を手にした頃だったんで、格好の被写体だったしね。

とりあえず一番最初のエントリなので基本的なところから説明しとく。

明治村

これで…よし。あとは写真並べながら追々説明とか補足っぽいことしていく。







とは言っても、桜って村中にあるわけでもないので、要所要所でこんな感じ。多分楓の方が多いんじゃないかな?あーでもあれも一丁目付近の話だし…とりあえず、桜の写真はこんくらい。



ついでにw小牧の飛行場が近いので民間と自衛隊機がよく通過します。



一丁目の聖ヨハネ教会堂(重文)。一般客は、五丁目から入るので、ここは明治村の「一番端っこ」。しかも、坂を上り切ったところにあるのでなかなかここまで辿り着くことは少ない。さらに言えば、教会は五丁目に聖ザビエル天主堂というビッグネームが控えているのでどうしても「教会はザビエルでいいや」になってしまいがちになる。逆に、遠足など観光バスでやってくる人達は一丁目の正門から入るのでこっちに足を運ぶ事もある。子供たちは遊び場として解放されている一階で大暴れしてるし。重要文化財なのに。そんな子らを横目に二階に上がると



ステンドグラスの光がうっすらと幻想的な影を。



天井。白い。

実際一丁目の写真はほとんど無い。探検イベントの時くらいでないと行かないかなー。好きなのは三丁目だし。



そしてザビエル天主堂。流石ですわ。でもってこの時期、丁度陽の向きが良くてですね





こうなるんですわ。



村内でも一、二を争うメジャースポットなんじゃないですかね。雰囲気バッチシだし。



天主堂の白と、菊の世酒造の黒のコントラスト。この立地も実に趣があって好き。高台の菊の世酒造から眺める景色も好き。



そういや、今って陸蒸気もチンチン電車も点検中で運行してないんだよね。寂しいなぁ。馬車も…というか馬もいなくなっちゃったし。あの入村料でも厳しいんだろうなぁ、広大な土地が必要だから当然アクセスの悪い場所にならざるを得ないし。なんとか頑張って欲しいところではあるけど。



となると、運転士さん達は何してるんだろ?他の仕事してんのかな?



金沢監獄…の正門。建物自体はその先に一部だけど保存されている。今奥に見えてるのは監獄だけど金沢監獄じゃあなくて前橋監獄雑居房。明治村には牢屋が二つもある!ちなみに交番も法廷もあるぞ!良かったな!(何が



監獄より見える景色は、また監獄であった…





これまた(滅多に行かない)一丁目の三重県尋常師範学校・蔵持小学校。

実際、一丁目は休日でも人は少ない。展示も割と渋目なのでよほどの濃い人でないと「わー帝国ホテルだー!ザビエルだー!」ってあっち行っちゃうしね。一丁目や三丁目は、「明治村の本当の価値」に気づいてしまった人のためにあるのかも知れない。



休日は、ちょくちょくこういう場面に出くわす。オフィシャルでブライダルプランを用意しているので、文化財級の教会で式を挙げたい人はどうぞ。



ブーケトス



帝国ホテル前まで馬車で移動…これはもうできなくなった。なんてったって馬が居ないからね。



これもまた、春の風物詩。常連さんが毎年長旅の果てにやってくる。



村内で一番大好きだった…いや、今でも一位かな?坐漁荘。西園寺公望の私邸。中の見学はガイド付きでないと出来ないんだけど、20分ほったらかしのコースがあってもいいのにと常々思う。凄く落ち着くんだよね。凄く。



村内にも、以外と野良がいる。何匹かはわからないけど、確実に複数いる。みんなも探してみよう!

写真を全部貼って一枚一枚説明を付けてったらキリが無いので、とりあえずこんな所で。全部の写真は上のリンクからどうぞ!

 

 

One Response

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください