島根・鳥取2009(6)



All Photos: http://photozou.jp/photo/list/166715/6203115

木綿街道ですっかりヌルいテンションに浸ったので、慎重にそれを維持しつつ次のスポットへ。

とりあえず目的地が決まってるので、中だるみが比較的少ないのがこの日の特徴。これでも。

俺からすればガチガチのツアーみたいなもん。これでも。



昼メシはまぁ…時間通り食わなくても、道中なんかあるだろうし腹減ったら食えばいいやくらいの気持ちで。それより、雨が降り出す前に回れるところは回っておきたい。

そして到着したのが



松尾様(佐香神社)

昨日の店で、日本酒・日本酒・泡盛・日本酒…と呑んでたら「そりゃ松尾様行かんと!」と言われ朦朧とした頭で「ごもっともだ!」と得心。そして今に至る。

ちなみに、松尾様と出雲大社は酒造許可を得ているので、ここでお酒を醸造している。



松尾神社であり(京都のは松尾大社)



佐香(さか)神社であり



佐加社。歴史が長いと、色んな名前がつくのは当然のこと。当て字だろうがなんだろうが通じればいい、ってのが日本らしい。



徒歩だったらよかったのに。飲み干したのに。



もちろんこの人も来てました。ですよねー。



まともな外観、これくらいしか撮ってなかったw

この辺りでとうとう空から冷たいものが落ちてくる。こりゃいかんと慌てて撤収をし、松尾様を後にする。しかし、雨に追われる形で東へ向かうわけだから、結局この天気から逃げられるはずもなく、雨足は余計強いまま次の目的地へ。

いい加減腹が減ってきたので途中の道の駅でなんか食う。写真も残ってないからそんな大したもん食ってないっぽい。しじみ汁を飲んだ気もするんだが、雨の宍道湖も撮ってないからこの辺りの記憶は全く無い。宍道湖は夕焼けが綺麗、と言う話も耳にしていたけど、そんなのもとっくに諦めてる。昨日あんだけ凄い夕景を見られたんだから、それで十分お釣りが出る。

そして辿り着いたのが



読める?

かもす神社。ちなみにGoogleIMEでも変換してくれない。

なんでここかって言うと、国宝だから。日本最古の大社造だから。「出雲大社行ったよね?でも行くならこっち、神魂神社の方が気に入ると思うよ~」と昨日言われたから。

神社の駐車場に車を停める。木綿街道、松尾神社と誰一人としてすれ違わなかったけど、雨の神魂神社には先客が。しかも豊橋ナンバー!なんでこんな島根のド辺境で同じナンバープレートが並ぶんだよ!ちょっと不思議な光景に妙なテンションになりつつも、だからってどうということは無いよなと我に返って傘とカメラを持て余しながら神社への階段を登る。



比較的なだらかだけど遠回りになる参道。左が急だけど近道。とは言ってもそこまで高い山でも無いので10分もかからずに本殿には到着できる。



さっきの松尾様と似てる?ばかいえ!屋根葺きがこっちは萱だ。それに何より千木の向きが逆だぞ。神魂神社の主神は伊弉冉尊だから。でも鰹木の数が陽数なんだけど、なんでだろ?女神だったら陰数(偶数)なんじゃなかったっけ?

なんて思慮にふけるヒマも無いくらい雨が強くなってきた。豊橋ナンバーの人も、すれ違いで会釈をするだけで精一杯。

腹も減ったし宿もまだ決めてない。ぼちぼち落ち着くか…そういや今日は温泉に寄ってないな。明日がラストだし、とりあえず島根を出て鳥取に入っておきたいな…鳥取一泊しないと経県値上がらないし。どっかいいとこは…お、皆生温泉か。ここに決めた!素泊まりOKのホテルは…と、あったあった。予約完了!なんというスピーディな流れ。問答無用でチェックインからの大浴場。雨の日本海もまたオツなもの。近所の飲み屋を教えてもらいいざ出陣!メシ写真パート、はっじまっるよー!!



しじみ



さば



たこ



真薯



とり



すし

食った食った!!超食った!!撮ってないけど超呑んだ!!

帰って寝て起きて風呂入った!!いよいよ最終日、たった1日で鳥取をどこまで制覇できるのか!?

待て、白熱の次号!(多分最終回)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください