愛岐トンネル群オフ



All photos: http://photozou.jp/photo/list/166715/5655935

慌てて覚書として書いた、愛岐トンネル群一般公開のあらすじを踏まえて、今年も行ってきたよ。

今年は撮り歩きオフを兼ねて少人数だけどみんなでのんびりと。



2chの定期OFFで「カメラを持って出かけよう」というスレがあって、そこで募集。俺を含めて5人が集まった。

春も秋も来たことあるけど、休日にってのは初めて。駅から降りるのすら一苦労。毎年来場者は増えているし、休日前にはTVで紹介されたりもするので、平日2~3000、休日5000人以上はいるんじゃなかろうか。



駅から入り口までの150mほどは長蛇の列。自分らが乗ってきた分が数10m動くかどうかでもう次の電車がやってくる。あれ?1時間に2本じゃないの!?どうやら、あまりの混雑具合にJRが快速も臨時停車させているとのこと。うわぁ、そりゃすげえや。10時12分降車して参加者とつつがなく合流、そしてトンネルに乗り込んだのはえーと…10時40分くらいですね。大体30分ほどの渋滞。この時点で既に帰ってくる人とすれ違う。おいおいどんだけ早足なんだよ。それとも途中で飽きたんか?

入り口でこの混み具合なので、いくらトンネル群に入ってバラけるとは言え、それでも気を付けないと他人との距離が気になるレベル。年齢や体力、目的によって歩くスピードがてんでバラバラなのでそこも気をつけつつぼちぼちと進む。

オフと言っても別に特別なことは無く、みんなめいめいに撮りたいように撮るし、興味が無いスポットはスルーだし逆に気に入るショットが撮れるまでひたすら居座る場合もある。俺がそんなだからみんなも好き勝手。付かず離れずな感じで先に進む。



ねじれ。

保存委員会が見つけるまでは完全に荒れ果てた廃線跡だったので、こういった形状になる理由をみんなであーだこーだ話しあったり。

「あ、こっちに別の木の痕が」「じゃあここで一旦この木に邪魔されて…」「となると、20年くらい前ですかねぇ」

一人だとこれを脳内でやらなきゃいけないw



「やっぱ苔は開放してナンボだよね」「え?絞るでしょ普通ww」「あ?」「あん?」マァマァ(((ノ´ー`)ノ「「ああん!?」」

微笑ましいやりとり。

この日(10/26)は、このエントリを書いてる週末を含め、おそらく過去二ヶ月の週末で、唯一といって良いくらいの快晴。しかも汗ばむ陽気。翌日も薄曇りだったし、ホントこの日だけ狙ったかのように青空が見えていたのは奇跡と言えるレベル。雲ひとつ無い快晴ってことは





コントラストがキツいんですよw



ほら、ねw

カラダに模様のある動物がいかにカモフラージュ効果があるかよくわかります。







水分補給



保存委員会が、自生の楓を育てていて、常緑樹の中にちらほら可愛い赤子の手が見えるんだけど、今年は時期が早かった。とりあえず煉瓦を撮って、



煉瓦を撮って



BBA撮って



水分撮ってました。

あと、みんなに「弁当持っておいでよ!」と散々言っておいて俺が忘れるという大失態を犯してしまい、じゃあ中で豚汁でも食えばいいやと高をくくれば「あーさっきのでもうおしまいー!」と空の鍋を目の当たりにし呆然(作りかけのを無理矢理分けてもらいました)。

県境の終点まで行き、委員会の人とお話。例年増えていく来場者に嬉しくもあり不安でもあり。やっぱり安易な観光地化はさせたくないとのことです。来場者が増えるとどうしてもそれを受け入れるだけの体制や、問題の顕在化がありますからね。誰もがマナーを守るとは言えないですし。あと、この保存活動に協力してくれる人は随時募集中だそうです。若い人でちょっと興味があるとか、なんか出来ることあるのかな?って思ったら『NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会』までお気軽に!多分そんなヘビーなことじゃないと思うよ。草刈り手伝うとか、一般公開の準備手伝うとか。まぁ直接聞いてみてよ。

で、ここで締めちゃうのもアレなんで、数少ない紅葉の写真も。



おっと、サイズ制限超えちゃってる。スライドショーかフォト蔵で確認してみて!w

代わりに、4人ほったらかしでキャッキャ言いながら一人で黙々と真っ暗なトンネルの中照明も持たずにぼーっと突っ立って撮った写真をどうぞ。







このあと、高蔵寺のガストへ移動しカメラ談義。俺ばっかり語ったような気もするけど(゚ε゚)キニシナイ!!



俺はガストだろうがラーメン屋だろうが構わずデジ一を構えちゃう男だぜ?

とななんとかやってるうちに紅葉真っ盛りのシーズンですね。行かないと!!

 

 

One Response

  1. みみ says:

    紅葉がメッサ綺麗!!いっぱい自然を楽しんで、冷たくて甘い湧水飲みたい♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください