和歌山一周湯めぐり行軍(2)



All photos: http://photozou.jp/photo/list/166715/5429836

南紀白浜を逆時計回りに移動。さて次はどこでしょうか?



んなもん、42号沿いに走ったら次の文明のある場所なんて決まってるじゃねえか。



べべーん!!

そもそも和歌山のきっかけの1つに、何気なく「日本の端っこってどこなんだろう」とWikipediaで調べたのが発端。日本国の端っこは当然ながらアクセスが不可能な場所も含めておいそれと行けない場所だけど、本州の南端は意外にも近かった。これも俺を紀州巡りに動かした要因の一つな。

和歌山県東牟婁郡串本町潮岬


紀伊半島の最突端。右からでも左からでも、愛知からだとかなりの距離がある。でもやっぱり「本州最南端」て響きに惹かれるよね。端っこダイスキ!高野山を突っ切るルートを取らない限り、ここを経由することになるんだから、折角なんだし寄るのが人の道ってもんだ。



潮岬灯台。最南端ポイントとは数百m離れたところにあるので、それぞれ別に訪問。



沈む夕日。最南端てことは、270度ほどの大パノラマってことで、左から日が昇り、右へ沈んでいくことになる。撮り放題やで!!



夕日…では無く潮岬から見た潮岬灯台の明かり。



本州最南端の潮岬の更に突端の岩場には、鳥居が建てられている。その鳥居から望む初日の出。関西圏からもんの凄い人が訪れて、ご来光を拝んでそそくさと去ってゆく。ここまで日が昇った時点で、数百人がぎゅう詰めだった岩場には両手で数えられる程度の人しか残ってなかった。



これも朝日。



道路から突端までは吹きさらしの平地で、キャンプをしてる人も結構いる。おみやげ屋とか公衆トイレもあるので利便性は多少いいし、道の駅よりは野趣溢れるのでツーリングの人にはウケそうな。ただ、風が凄いけどw

てことで似たような風景ばかりの潮岬。他に見るものは無いので、大パノラマを満喫したら次へ行こう!

つってもすぐそばだ!

軽くループ橋を渡って、隣の紀伊大島へ。ここはエルトゥールル号遭難事件の島。





慰霊碑や資料館があるよ。



あとパラダイスも。



ほら、ね?アウトでしょ?



ついつい買ってしまうきんかんソフト。うん、確かにきんかんだ。うん。





ここにも小さな灯台が。こっちは上に登れるようになってるので、展望台としてご利用ください。



この手のプレートが、好きすぎてたまらない。

灯台まで行って戻って小一時間てとこかな?途中、トルコの特産品を扱った土産物屋とかもあるよ。人通りも少ないから、まったりと散策できるしオススメだぞ!!まぁ他が無いからってのはナイショだ!!

 

One Response

  1. みみ says:

    素晴らしい朝日やいろんな風景に見とれちゃった♪きんかんソフト、美味しかったですか?イイナア?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください