佐久島(2)

sakushima_115



All photos: http://photozou.jp/photo/list/166715/5131959

続き~

今更だけど佐久島への行き方とかそういうの。

まず「一色さかな広場」を目指す。電車とバスだと乗り継ぎとか料金とか結構負担が大きいのでマイカーが基本。僻地だしな。さかな広場に佐久島行きの渡船場が併設されていて、駐車場もそのまま利用可能。もちろん無料。船は朝イチが0740で大体90分間隔。でもって島からの最終は17時過ぎ。夏季ダイヤで多少増えたりする。まー朝はいいわ、とりあえず渡船場に辿り着きさえすればなんとかなるし。問題は帰り。島に目立った土産物屋が無いので海産物やえびせんべいをさかな広場で買おうと思うだろ?ところがさかな広場は17時で閉店なんだ。てことはギリギリまで島を満喫して夕焼け見ながら帰ってくると買い物はなーんもできないことになる。となると15時前の便で帰って来なきゃいけない。ううむ…早くね?

更に、車必須というのが帰りの足の問題。昔の渡船場だとギリギリバスがあったんだけどこっちになってから何故か最終バス(さかな広場→西尾駅)がなんと1535!さっきの15時前の便で泣く泣く帰ってきても、乗船時間の30分を差し引いて…本土に帰ってきたら有無を言わさずバスに乗らないと一色で途方に暮れることになる。買い物したいなら昼飯食ってすぐ船で帰ってこなきゃいけない、これは厳しい。せめて最終便から1時間はおみやげ屋はやってて欲しいし、その時間までバスはフォローしてくれてもいいと思うんだけど、もうみんな車で来てるからそこまで需要無いのかな。

てことで島に行く前に時間つぶしでセンターに寄ることは毎回あるけど、そこで何かを買った記憶は無いです。残念。

んで!佐久島に着くじゃん?あ、その前に西港と東港って二ヶ所港があるんだけど大抵は東港だね。西は居住エリアでなーんも無い。地元の人やここで釣りをしたい!って人くらいしか降りないんじゃないかな?ということで東港に着く、そして腹が減る。とにかく観光客向けの施設が東港の周りに宿屋とメシ屋が並んでいるだけなので、ここで何か腹ごしらえをしておかないと、餓死する。



てことでメシを食う。なんだかんだで鈴屋の大あさり丼。三河湾では有名な大あさり(ウチムラサキ)をフライにして卵でとじた、カツ丼の大あさり版と言ってしまえばそれまでだけどw他にも刺身とかカレーとか素麺とかあるよ。鈴屋以外にも喫茶店とかあるので東港付近にいる限りはメシには困らない。



かき氷もあるよ。自販機の値段は+10円だけど、他はそんなにガツガツしてないから大あさり丼も赤だし付いて650円、かき氷も「大盛り」って言えば大盛りにしてくれたりする。ゆるい。

とりあえずこのエリアでしか金を使いたくても使えないので、佐久島はお財布にも優しい。大人往復1600円、メシもりもり食って1000~1500円くらい?で、島をうろうろ歩いてればなーんか落ち着くし、こーゆー空気が好きな人には金かかんないし楽しいしでホントオススメ。

ほんじゃまた写真ぺたぺた貼ってくよ。



こういった廃物件も。なにせ島だから建てるにせよ潰すにせよ建材を運ぶのだって簡単じゃない。軽自動車だって輸送費とか結構な額だと思うぜ?てことでちょくちょくこういうのは見受けられる。みんな素通りだけど一部の廃好きは((´^ω^))ゥ,、ゥ,、





この生コンタンクはもう無くなった。残念。





佐久島アートのアイコンでもある「おひるねハウス」

ここはなんで海水浴場にしないのかな。こっちの方が海きれいなのにね。ちなみに土台は鉄骨数本で支えているだけで、その鉄骨が案の定海風でぼろっぼろに腐食している。9部屋全部人が入ったら多分倒れるぞこれ。ガイドの表紙も飾ってるけど、割と不便な場所にあるのでそんなに人は来ない。たまにリア充カップルが中でキャッキャウフフ…やぁ…ダメだって…んっ…く…とかやってるとかやってないとか。



ギギギ…!!おのれリア充め(‘A`)









ほほえましいね!!





ねこはちょっと路地に入ると割と簡単に出会えます。擦り寄ってくるほどじゃないけど、そこそこ逃げない。



この島にはノンとビリーと言う二頭のヤギが居る。これは多分…ビリー?ノンは既に亡くなっていて、このあとこいつも天に召された。でも今は二代目のノン&ビリーが元気に草を食い尽くしているから安心して島へやってきてこいつらと戯れて欲しい。いい奴だよ。

こーやって写真を撮ってると、朝イチで東港に到着して西港へ行ってさて裏側回ろうかってあたりでもう最終便の時間になるんだよね。だから山の中や弁天さんに行ったことが無い。何度も何度も島に来てるのに、何度も何度も同じコースになってる。次こそは別ルートを開拓しないと…





冬場だとこういう夕日を見ながら三河湾を渡っていくことになる。寂寥感が募るぜ!

手近で手軽に寂れた島時間を感じ取れる佐久島、みんなも行こうぜ!

 

One Response

コメントを残す