冨永


フォトアルバムURL、一応置いときます:http://photozou.jp/photo/list/166715/4424452
ウ冠じゃなくてワ冠の方の冨永。マンガを描かない方の冨樫と同じ。油風呂に入った一号生はウ冠の富樫ね。
宮武系のお店。

冨永

冨永

  • 店名:冨永(うどん冨永)
  • 住所:香川県丸亀市川西町北806-4
  • 電話:0877-23-0446
  • 営業時間:(火~金)10時~14時 (土祝日)9時~15時(どちらも麺切れ終了)
  • 定休日:月曜日・第三日曜日
 

宮武の大将は弟子をよく取りなさる。気さくというか人がいいというか、そういう高評価を集めてこねて団子にした様な人だ。親戚筋だったり、遠くから慕ってやってきた人だったり。だから県下だけでなくあちこちに「宮武ファミリー」の店がある。その内の一軒。

宮武系で取り挙げられる店の中で、ロケーションにポイントを置くとまず出てくるのはやまうちかな?狸出るしね。出会ったこと無いけど、出てもおかしくない場所なのは確か。冨永はそういった立地から見れば普通の住宅地。丸亀の高速バス停からちょっと入った田んぼの中にある。どこにでもある普通の民家。

民家すぎる…


「土足でどうぞ」初めての人はだいたいここでたじろぐ。



いつもおばちゃん達がうどんを作ってくれるけど、たま~に孫娘がいたりする。おばちゃんは話好きなので、いつも行く時はラストの方を狙って最後に土産話や世間話でおばちゃんと話し込む。このゆる~い時間がさぬきうどんの風景なのだ。と思う。

さらにゆるさに拍車をかけるのが、店内…屋内?とにかく、部屋の中。



3月



5月

田舎のおばあちゃんの家に帰ってきたような感覚!ちなみに、この奥に回りこんだところに半個室のラブラブカップルルームがある。冨永にそんなもん必要か!?と思ったキミ!その気持はぐっとこらえては貰えまいか?おばちゃんはみんなに喜んでもらおうとあれやこれやと頑張ってるんだ。実際その部屋もけっこういい造りしてるぞ。キミもいつか彼女とうどんツアーをする時があったら冨永を思い出してくれ!



無論、子連れファミリーもヒーロー達が大歓迎だ!



うどんは宮武系なので注文は例の方式。薬味を別皿にしてくれるという、細かいところで小じゃれてる。



天ぷらは多分藤原屋じゃない。カウンター横にそんなに置いてないから、注文量が少ないからとかそんな理由で使ってない(使えない?)のかなぁ。宮武=藤原屋では無いことを覚えておこう。他に藤原屋じゃない宮武系ってどこかあったっけ?思い出せないからまた一周するか。

とにかく、おばちゃんパワーに負けない体力を蓄えた上で行って欲しい店、それが冨永だ!

 

 

2 Responses

  1. みみ says:

    しまった。また ついつい見とれてしまった。お座敷みたいなこのお店で美味しいうどん、食べたい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください