淡墨桜まとめ(淡墨公園)


フォトアルバムURL:http://photozou.jp/photo/list/166715/4381084

ようやくやってきました。メインである淡墨桜の待つ淡墨公園。



桜自体はフォトアルバムにたくさんあるのでそれ見てもらって…となるとあとは露天くらいしか無いんだよなw

どうしよう、これだと谷汲の方が圧倒的ボリュームで楽しそうに見えてくるじゃないか。参ったな…

えーと、まず樽見に到着するでしょ?ほんで駅から降りて「淡墨桜→15分」みたいな看板があるし、周りのナップザックは100パー同じ場所を目指しているので迷うことは無い。歩いて、川を渡って、歩いて、川を渡って、登る。そうすると淡墨桜のある淡墨公園に到着なんだけど、その直前で俺はいつも後ろを振り返る。



よーしうむうむ、よーし!この残雪も俺の中では重要な鑑賞ポイント。雪を見て春を感じる。これも日本の季節感の妙だと思うんだ。

ほんでもって桜。











この支柱と松葉杖みたいな補助で1500年だか1800年の古木を支える。淡墨桜とそのジュニア、そして公園全体にも桜が植わってる。



苗木も売ってるんだけど、まさか公園の桜全部これじゃあるまいなw庭があって桜でも植えようって人は、これを買うといいですよ。それか勝手に堤防に植えちゃえ!!

正直桜そのものはぐるっと周りを回って記念写真撮っても20分がいいとこ。でもせっかく来たんだし、それで帰るのはもったいない。ちょっとは金を落としていきましょう。



1個150円の栗おこわまんじゅう。餡がおこわになってる。俺が必ず買う一品。道路向かいにはじゃがバター屋があっていつも悩むけど、結局こっちを買う。包み紙に皮がくっついちゃうのがもったいない!



焼き物屋さんも露天をだしてる。茶碗や皿と一緒に、こんなのもいかがですかね?他の土産にも桜とか薄墨とか宇野千代の名前が入ったのがたくさん売ってるよ。





焼き栗ぽぽぽぽ~ん!!子供に大人気!



この公園で一番いい場所に構えるたこ焼き屋。1舟8個で500円。毎年買う。いっつも行列。





かっけぇ三味線ばあちゃんとそれをBGMに桜を愛でるおっさん



おっさんライブ飛び入り。



オーディエンスは石で支払い。





この人今年もこのアングルで描いてたね。朝からこうやって桜をスケッチ…いいなぁ。



散歩コースにもなってます。いいなぁ…



いいなぁ…

土産物屋やお食事処、シーズンだけの屋台を含めて食べて買い物するのに困ることは無い。トイレもあるし、大きな屋根付きの休憩所もあるからレジャーシート無しでも問題無し。手ぶらで来て1000円くらいあれば腹は膨れるんじゃないかな?ぶらぶらして公園ぐるっとして2、3時間くらいしたら帰る、って感じで。

てことで帰りましょうかね。ほんじゃ!また来年!!



 

One Response

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください